読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄文ダイアリー

おっさんの買い物につきあってくれや

「オリオン ドラフトビール」を買った。

ドリンク

「オリオン ドラフトビール」を買いました。

https://www.instagram.com/p/BPBNcFBA8-Y/

#買った #オリオンビール

突然関係ない話で申し訳ないんですけど、私はおっさんなので野球が好きです。おっさん=野球好き、というのも乱暴な話だとは思いますが、とにかく私はおっさんで野球が好きです。高校野球からプロ野球までいずれも好きなのですが、今回はプロ野球のお話。

プロ野球にはフリーエージェント(FA)という制度があり、一定の条件を満たした選手はどの球団とも契約を結ぶことのできる権利を持つことができるようになります。当然活躍している選手ほど他の球団から声が多く掛かり、今在籍している球団より良い条件で移籍することができるのです。

人気・実力ともに優れた選手がより良い環境でプレーしたいと願うことは当然です。今年も多くの選手がFA宣言をし、新たな環境を求めて移籍していきました。

 

https://www.instagram.com/p/BPBNe5-AwCe/

#買った #オリオンビール

一方移籍元の球団は優秀な選手を失うわけですから、戦力均衡のために移籍先の球団が移籍元の球団に補償を行います。詳しい条件は割愛しますが、金銭または選手を移籍元に対して提供する必要が生じます。

今回FA宣言した選手を例にとると、横浜ベイスターズのエース、山口俊投手が読売ジャイアンツに移籍しました。エースを失った横浜ベイスターズは、戦力を補うため読売ジャイアンツからの選手補強(人的補償)を要求します。

もちろん人的補償は誰を選んでも良いということではなく、移籍先の球団が守りたい選手28名(プロテクトリスト)を選定し、移籍元の球団はこのリストから外れた選手の中で欲しい選手がいれば獲得するということになります。

 

https://www.instagram.com/p/BPBNh1XgL9D/

#買った #オリオンビール

今回山口俊投手の人的補償として横浜ベイスターズが選んだ選手は、若手の平良拳太郎投手でした。高卒入団4年目の21歳。将来を嘱望される期待の若手の一人です。

実は私は横浜ベイスターズの大ファンで、大好きだった山口選手の移籍にはとても心を痛めていたのですが、いつまでもクヨクヨしていても仕方がないのでこれからは平良選手を精一杯応援することにします。

沖縄県国頭郡今帰仁村出身、沖縄県立北山高等学校から2013年ドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。トルネード気味の変則スリークォーター右腕。いいじゃないですか、平良選手。読売ジャイアンツが放出したことを悔しがるような選手になって欲しいですね。

ということで沖縄の「オリオン ドラフトビール」で平良選手の前途を祝して乾杯! ごっつあんです!