読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄文ダイアリー

おっさんの買い物につきあってくれや

「モレスキン ウィークリーダイアリー/ソフトカバー ラージ」を買った。

ステーショナリー

モレスキン ウィークリーダイアリー/ソフトカバー ラージ」を買いました。 

https://www.instagram.com/p/BOYPJZigA91/

#買った #モレスキン

ほぼ日手帳」「フランクリンプランナー」、果ては「トラベラーズノート」まで20冊を超える様々な手帳を渡り歩いた手帳ジプシーの私がたどり着いた”個人的に”究極の手帳です。

2015年2016年と使って2017年で3冊目。毎年手帳を変えていた自分にとって、3年連続で同じ手帳を使うことはもはや奇跡ですね。飽きるかと思いきやまったく飽きない。シンプルがゆえに飽きがこないのだろうと思います。

もともとモレスキンはノートとして有名ですね。ゴッホピカソヘミングウェイら偉人に愛された伝説のノートということは広く知られています。私も最初ノートを購入したのですが、そこからモレスキンの魅力にとりつかれて手帳を買ったのでした。

 

https://www.instagram.com/p/BOYPMfAgtWw/

#買った #モレスキン

モレスキンでまず頭に浮かぶのがハードカバーだと言うこと。固く、頑丈なカバーは立ったままでも書きやすいのですが、私のような事務仕事では固い表紙である必要ありません。

そこで今回のソフトカバーです。これが良いんですよ。オイルクロスでコーティングされているのはハードカバーと同じですが、表紙に芯が入っていないのでとても持ちやすく、しっとりと手に馴染む質感です。

また付箋を貼ったりメモを挟み込んだりしてノートが膨らんでも大丈夫。パンパンに膨らんでも表紙がその形に沿って曲がってくれるので問題ありません。もちろんそのうちクタっとなりますが、それも個性の一つ。使い込めば使い込むほど味が出る。そんなノートですね。

 

https://www.instagram.com/p/BOYPQ8OgDWb/

#買った #モレスキン

肝心のスケジュール機能ですが、こちらも至ってシンプル。ウィークリーだと左側がスケジュールで右側がフリースペースになっています。このシンプルさがいいんだなあ。

若かりし頃は手帳に目標を書き込んだり、名言をメモしたり、読書記録をつけたりとそれなりに意識高いことをしていたのですが、今はその日のアポイントとToDoが分かればそれでいい。

そうなるとモレスキンのシンプルさがぴったりなんですね。大きさも質感も薄さも軽さも中身も心地よいちょうどよさ。きっと次もモレスキンを使うのだろうなあ。